TOP > 診療案内 > 整形外科疾患

診療案内

整形外科疾患

カラダの痛みの専門家

整形外科疾患とは?

整形外科で扱う分野を一言で表現するならこの言葉です。カラダの痛みと一口にいっても千差万別。
その場所や年齢によって大きく異なります。整形外科で扱う痛みとしては

  • 骨折や脱臼、打撲、捻挫など外傷によるもの
  • 膝の痛みや腫れ
  • 肩凝りや首の痛み
  • 背中や腰の痛み・ぎっくり腰
  • 手足の痛み・しびれ、坐骨神経痛
  • スポーツによる障害
  • リウマチ疾患
  • 骨粗しょう症
  • 痛風
  • バネ指・腱鞘炎・外反母趾など手・足の障害

などがあります。

年齢を重ねれば重ねるほど身体の衰えが顕著になり、こうした痛みが増すと共に長期化します。これは避けようのないことです。

しかし、私たちは痛みの専門家として、少しでもその辛さを軽減できるよう、 技術的なことだけでなく心的なことまでお手伝いをしてまいりたいと思っております。どんなささいなことでもお気軽に私たちにご相談下さい。

整形外科疾患

整形外科で扱う疾患には下記のようなものがあります。

首・肩の痛み

首は脳につながる中枢神経や血管などがある重要な器官で、大人の場合約4kgの頭を支えているので、 首及びその周辺の痛みは人間特有の症状とも言えます。

肩受傷時レントゲン 肩術後レントゲン
頚椎 OPLL   頚椎 OPE後
頸椎症(けいついしょう)

多くは加齢に伴い首の神経を圧迫することで発症します。主な症状は、首から肩、肩甲骨の辺りの痛みやコリなどです。ひどくなるとしびれや知覚(感覚)の低下、筋力低下、めまいやふらつきなどを伴うこともあります。

頸椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)

椎間板とは背骨の骨と骨の間のクッションです。その椎間板が傷み飛び出てしまい、周囲の神経が刺激され、首や肩、腕などに痛みやしびれが現れる病気です。主に頸と腰で起こります。

頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

首から肩、上肢にかけての痛み、こりや頭痛、めまい、吐き気などを伴うこともある疾患です。デスクワークの方や女性に多く、長時間にわたる作業上の身体的ストレスや、精神的ストレスも原因のひとつと考えられています。

頸椎捻挫(けいついねんざ)

交通事故や怪我などで首の捻挫を起こした状態です。首の痛みなどのほか、ひどいときは頭痛、肩こり、吐き気、めまいなどがみられます。痛みが強い場合は、内服薬や神経ブロック注射などが用いられます。

頸腕症候群(けいわんしょうこうぐん)・肩こり

肩こりは生活習慣や体型が影響しています。デスクワークが長い、一定の姿勢でいる時間が長い、などの生活習慣をしていると、頭を支える筋肉に負担がかかり「肩こり」が生じます。また、女性の場合筋肉の発達が弱いため肩こりが起きやすい状況にあります。

五十肩(肩関節周囲炎・かたかんせつしゅういえん)

中高年に見られる肩の痛みで、長期間にわたって続く場合があります。また、肩の拘縮(硬く固まってしまうこと)を避け、なるべく肩関節を動かせるようにすることが大切です。

この他に首の痛みや肩の痛みとして代表的な疾患には、頚髄症(頚部脊髄症、けいぶせきずいしょう)、腱板損傷(けんばんそんしょう)、石灰沈着性腱板炎 (せっかいちんちゃくせいけんばんえん)などがあります。

腰の痛み

「ぎっくり腰で仕事ができなくなってしまった」

「慢性的な腰痛で何年も悩んでいる、根本的な解決法はないものだろうか」

など、腰痛で困っている方は意外と多いものです。高齢者になるとその傾向がさらに強くなっているのですが、日本人の実に約8割の人が経験していると言われるのがこの「腰痛」です。多くは短期間(長くても2週間くらい)で痛みが収まるケースが多いのですが、慢性化しているケースも増えています。

腰は、人間の身体にとって非常に大切な役割を担っています。当院では、そうした皆さんの悩みに的確に応えられるよう整形外科専門医を中心としたチーム医療であなたの痛みの解消に取り組んでいます。

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)

20―50歳代に多くみられる疾患で、加齢による変化や運動、姿勢など、腰への負担が原因と考えられています。背骨にある椎間板といわれるクッションが傷害され、周囲の神経が刺激されるために腰や臀部の痛み、足のしびれを引き起こします。場合によっては手術が必要となる場合もあります。

坐骨神経痛 (ざこつしんけいつう)

臀部から太腿部にかけて痛みを生じる状態を言いますが、痛みを起こしている実際の病気の多くは腰椎疾患などで、腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症などがあります。

腰椎捻挫 (ようついねんざ)

重い物を持ち上げた時や、身体をひねったときなどに強い痛みが現れた状態で通常「ぎっくり腰」と呼ばれます。ぎっくり腰は、一時的な腰の筋肉の損傷ですので安静にすると同時に鎮痛剤やブロック注射を用いたりします。

このほか、腰の痛みには股関節症(こかんせつしょう)、腰部脊椎症 (ようぶせきついしょう)変形性腰椎症 (へんけいせいようついしょう)、腰椎分離症(ようついぶんりしょう)などの疾患があります。

その他の痛み

整形外科で扱う痛み、疾患には下記のようなものがあります。

太ももや膝に痛みを伴う病気

肉離れ、変形性膝関節症、半月板損傷、膝蓋靱帯炎、腸頚靱帯炎など

手に痛みを伴う病気

腱鞘炎、手根管症候群、ばね指、変形性手指関節症など

足に痛みを伴う病気

足関節捻挫、アキレス腱炎、変形性足関節症や外反母趾など

皆さまが日頃悩んでおられる痛み、疾患に対して真摯に向き合い、少しでもその苦痛を和らげられるようスタッフ一丸となってお手伝いしてまいります。お気軽に声をお掛け下さい。

HOME当院について診療案内ドクター紹介入院のご案内看護部紹介リハビリテーション部紹介
栄養室便り地域連携&医療福祉相談施設・設備案内求人情報Q&A地域保健活動リンク集お問い合わせ
居宅介護支援事業所菜の花介護老人保健施設菜の花苑クリニックリハビリ菜の花訪問看護ステーション菜の花
サイトマップ新着情報一覧

今林整形外科病院 今林整形外科病院
〒891-0402 鹿児島県指宿市十町352-2