TOP > リハビリテーション部紹介

リハビリテーション部紹介

患者様の自立と生きがいづくりに貢献できる
リハビリテーション

スタッフが全力でサポート

私たち今林整形外科病院のリハビリテーション部スタッフは、「人の温もりのある手で人を治す」という信念を持ち、それを実践し、 チーム医療の一員として患者様の自立と生きがいづくりに貢献することを目標として、総合的医療サービスの充実・発展に全力で 取り組みます。

広々とした空間で入院並びに外来の方のリハビリテーションを行なっております。また、当院では訪問リハビリテーションも行っており、患者様方が自宅で安心して生活出来るよう今後もサポートしていきます。

リハビリテーション部紹介

スタッフの紹介

  • 理学療法士(PT)…23名
  • 作業療法士(OT)…10名
  • 言語聴覚士(ST)…4名
リハビリテーション部スタッフ

リハビリの対象疾患

  • 脳血管疾患など(脳出血、脳梗塞、脊髄疾患、脊椎術後)
  • 運動器疾患(骨折、スポーツ障害、変形性関節症、五十肩、腰痛など整形外科的疾患)

理学療法

『起きる』『座る』『立つ』『歩く』といった日常生活に必要な基本動作から階段昇降や和式動作などの応用動作能力の改善を目指した訓練を実施していきます。また住宅改修などの環境整備の助言を行います。

理学療法
理学療法室の様子

作業療法

作業活動を通して身体・精神機能の回復を図ります。また、日常生活に必要な更衣、洗面、食事の準備など、在宅に向けての訓練や職場復帰に向けた訓練・治療・援助を行います。

作業療法
作業療法の一環で制作された作品展示の様子

言語療法

脳血管疾患によるコミュニケーションの障害と摂食・嚥下障害に対する訓練を行います。

  • 食べ物や飲み物を引っ掛けて、すぐにむせてしまう。
  • 呂律(ろれつ)が回りにくくて、すぐに聞き返されてしまう。
  • 物の名前をなかなか思い出せなかったり、間違った言葉を言ってしまう。
  • 記憶力が急に悪くなった。

このような方に対して言語聴覚士は援助を行っています。

言語療法
言語療法室の様子

プロとしての自覚のために限りなき探求を

リハビリテーション部の教育体制

当施設では、専門学校の臨床実習生受け入れ施設として卒業前に事前教育を行い、いち早くプロとしての自立を促すとともに、 卒業後(入職後)は、部内の文献抄読会、ケーススタディなどテーマを決めて勉強会を開催したり、各種研修会にも積極的に参加しています。

また、ドクターや看護師、ソーシャルワーカーとのカンファレンスを随時行うことにより、 患者様へのより良いチームアプローチができるよう、スタッフ一丸となって取り組んでいます。

これには何にもまして各人の“もっと良い方法は?”と考える探求心が大切だと考え、常にそのアグレッシブ(積極性)を 求め続けています。

HOME当院について診療案内ドクター紹介入院のご案内看護部紹介リハビリテーション部紹介
栄養室便り地域連携&医療福祉相談施設・設備案内求人情報Q&A地域保健活動リンク集お問い合わせ
居宅介護支援事業所菜の花介護老人保健施設菜の花苑クリニックリハビリ菜の花訪問看護ステーション菜の花
サイトマップ新着情報一覧

今林整形外科病院 今林整形外科病院
〒891-0402 鹿児島県指宿市十町352-2